格安SIMに乗り換えた人の体験談|このMVNOにしました。

楽天モバイル ベーシックプランの通話SIM

値段の差が大きくあるので何か欠陥があるのかも知れないと言うのは覚悟しながらの乗り換えでした。

 

契約した会社は楽天モバイルです。

 

楽天モバイルでスマホの本体、SIMを購入しました。スマホの本体は楽天価格で販売されていた、ZenFONE goを9900円で購入しました。

 

コミコミプランと最後まで悩んで最終的にはベーシックプランの通話SIMにしました。料金は月額1250円+通話料です。

 

通話料は30秒10円の楽天電話を契約していますこの契約は無料でできます。

 

兎に角、今までしていた無駄な電話は止めました。

 

用事がある時はライン電話を使用する様に心掛けました。

 

その甲斐あって、月々の通信料は1500円内に抑えられています。

 

通信はやはり外出先では少し遅い印象はあります。

 

特にベーシックプランだからだと思います。しかし、空いた時間でしか使用しない私にとっては十分な速度です。

 

使用してみて、料金の大幅な値下げと使い勝手を天秤にかけると価格以上に使いやすいです。

 

ヘビーユーザーでは無いので料金が大きく下がり満足しています。今後も楽天モバイルを使用します。

 

ワイモバイル 通話し放題(1回10分まで)の月3Gプラン+ポケットワイファイ使い放題付

 

以前使っていた有名会社の携帯は使い勝手はいいが値段が高い為、

 

格安スマホへ乗換ました。

 

乗換先はワイモバイルの通話し放題(1回10分まで)の月3Gプラン+ポケットワイファイ使い放題付きというものです。

 

乗換前は月1万円ほどかかっていたものが携帯、ワイファイ併せて7千円程に抑えることができました。

 

実際に使ってみると、ネットへの接続時間やページ回覧のスピードなどは有名会社に劣る事なく、満足のいくものでした。

 

通話も長電話をするほうではなかったので、プラス料金がかかる事もありませんでした。

 

乗り換えて逆に困ったことは、電波が悪かったこと。

 

地下鉄などに乗ると、乗換前はかろうじて電波が入っていましたが、

 

乗換後は全く入らなくなりました。

 

さらに自宅で、雨戸を閉めてしまったら電波の入りがものすごく悪くなりました。

 

乗換前はそんなことは一度もなかったので、電波の弱さを肌で感じました。

 

また、ワイファイを使わなければ3Gなどあっという間に超えてしまう事。

 

要領の大きめのアプリをインストールしただけで軽く1Gいってしまいました。

 

乗換前の体感では、同じアプリでも0.2Gほどだったので、そこも不満です。

 

乗り換える際は値段だけでなく、口コミなどを利用したほうがいいと思いました。

 

乗換前に、こちらのサイトを見ていればと少し後悔しています。
↓        ↓
格安SIMランキング|タイプ別おすすめMVNOベスト3